ベスト おすすめワイン
厳選お薦め10本です!
ワイン 詳細検索
happywine.com
生産国:
happywine.com
品種:
happywine.com
タイプ:
happywine.com
味わい:
happywine.com
価格帯(税抜): 円から
円まで
happywine.com
キーワード:
happywine.com
 例:スクリュー 泡 ロゼetc

 

新入荷ワイン
最近の入荷品 要チェック!
厳選の高級ワインがお買い得! ワイン
【送料無料】テラノブレ カルメネーレ ミクロクリマ飲み比べセット 750ml x 2本 ワイン
ヴェリタス ノンアルコールワイン
ジュース ソフトドリンク
大人も子供もみんなで楽しめます!
お財布に優しいワイン
気軽なデイリーワインのお薦め品
ビッグ・オージー・ワイン・カンパニー
ウインダウリー サクラ・シラーズ(赤)
ロベルト・サロット 99点 ワイン
キウイエステイト キウイフルーツワイン
デクスハイマー ハイマースハイマー ゾンネンベルク シルヴァーナ・アイスヴァイン
12年連続トレビッキエリを誇る 北イタリア ナルス・マルグライド ワイン
マグナムボトル ビーニャ・ファレルニア カルムネール グラン・レセルバ(赤) 2016 ワイン
ジャケ買い ワイン
ルックスにも自信あり☆ジャケ買い
スクリューキャップ ワイン
もうコルクには戻れないっ!かも?

店主まーちゃんがゆく 世界ワイナリーリポート

ハッピーワイン インスタグラム

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • DC
  • UFJ
  • NICOS
  • DINERS

お電話、FAXでのご注文

お電話でのサポート

フリーダイヤル:0120-464-135

月〜金曜日 14:00〜16:00

FAXでの御注文

FAX:072-890-2233

注文用紙はこちらから

メシムネオス ドライ・レッド(赤)

メシムネオス ドライ・レッド(赤) (ギリシャ) メシムネオス ドライ・レッド(赤) (ギリシャ) メシムネオス ドライ・レッド(赤) (ギリシャ) メシムネオス ドライ・レッド(赤) (ギリシャ) メシムネオス ドライ・レッド(赤) (ギリシャ) メシムネオス ドライ・レッド(赤) (ギリシャ)

※商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。

復活地葡萄を異なる手法で赤・白・オレンジワインを醸造!

メシムネオス ドライ・レッド(赤) 2016

Methymnaeos Dry Red Wine

750ml  価格 2600円 (税込 2860円)

商品番号
wigr0003f00
タイプ
ヴィンテージ
2016年
生産国
ギリシャ
生産地
レスヴォス島
生産者
メシムネオス
保存
静かな冷暗所
配送
普通便発送です クール便をご希望はこちらから。

■味わい:ミディアムボディ ■アルコール度数:13.5% ■格付け:P.G.I.レスヴォス
■ぶどう品種:チディリオティコ


商品説明

メシムネオス ドライ・レッド(赤) シムネオス ドライ・ホワイト(白) 2016 メシムネオス ドライ・オレンジ(オレンジ・白) 2016

あなたの知らない品種に出会おう!

あなたの知らない、どころか、店主まーちゃんだって知らなかった品種「チディリオティコ」のワインが登場です。


ギリシャと言えば青い海に白い家、点在する島々、オリンピック発祥の地、長い歴史。

温暖な地中海性気候は葡萄栽培にも向き、ワイン造りの歴史も大変長い国です。

20世紀初頭にはフィロキセラ害を被ったものの、1970年代から徐々にワイン産業が近代化。

現在は新世代生産者が土着品種の魅力を発信し、国際的に高い評価を得るワインも出てきている注目産地の一つです。

このワインの産地レスヴォス島は、トルコ沿岸に位置しギリシャで3番目に大きな島。

生産者自らが、この地でフィロキセラを生き延びた地葡萄を探し栽培を復活させたのがこの葡萄品種「チディリオティコ」。

珍しすぎてソムリエ協会教本にも載っていないほどの希少品種。


今回ご紹介しようと思ったのは、その希少性はもちろんのこと、赤白オレンジ(※)3つのワインが一つの品種から味わえるという楽しさもあるから。

チディリオティコは、写真でご覧頂けるように薄い赤系の色調の葡萄で、グリ(=グレー)と呼ばれる葡萄に近い感じ。

赤、白、ロゼ、オレンジ、全て造れる葡萄です。


こちらは赤ワイン。

薄い色合いの赤。

バラの花のような香りの中に、ラズベリーやチェリーのような赤い実の果実香も。

また、どこかドライフラワーっぽさも。

派手さはなく、穏やかな果実味がじんわり口中に広がる。

細やかなタンニン、やや低めの酸。

ミディアムボディで軽くも重くもない丁度良さ。

品種の感じを想像しやすいように例えると、ガメイ(ボージョレの品種)やピノ・ノワールに近くて、酸の穏やかな感じ・・かなぁ?

レスヴォス島の火山性土壌に由来するアーシーなニュアンスも。

チディリオティコの赤ワイン、他に飲んだこともなければこの先そうそう試せるとも思いませんので、お試し頂く価値は十分です!


試飲会でお会いした醸造家のヤニスさんから、「東京オリンピックの年に、オリンピック発祥の地ギリシャのワインに親しんでください」とのメッセージを頂きました。


ギリシャでは「ボトルの残りワインを飲むとお金持ちと結婚できる」と言うそうです。

「残り物には福がある」みたいな感じでしょうか?

ギリシャワインは、ボトル最後の1杯を必ず飲みましょう!


(文章:佐野 雅子)


 

HAPPY WINEへ

あわせて買いたい

↑Page Top