ハッピーワイン
厳選お薦め10本です!
ワイン 詳細検索
happywine.com ワイン検索
生産国:
happywine.com
ブドウの品種:
happywine.com
ワインの種類:
happywine.com
味わい:
happywine.com
在庫状況:
happywine.com
価格帯: 円から
(税抜み) 円まで
happywine.com
キーワード:
happywine.com
 例:「スクリュー 泡 ロゼ」など

 

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB

お電話、FAXでのご注文

お電話での御注文

フリーダイヤル:0120-464-135

月〜金曜日 10:00〜17:30

FAXでの御注文

FAX:072-890-2233

注文用紙はこちらから

ハッピーワイン
最近の入荷品 要チェック!
ジュース ソフトドリンク
大人も子供もみんなで楽しめます!
キウイエステイト キウイフルーツワイン
サンテロ ディアマ ルクス2 エクストラ・ドライ ミレジマート 13(白・泡) Santero F.lli & C. S.p.a. Diama Lux2 Extra Dry Millesimato
お祝いにピッタリ!華やか泡!
デクスハイマー家 ハイマースハイマー ゾンネンベルク ショイレーべ・アイスヴァイン 12(白)【Weingut Dexheimer Scherebe】
厳冬が育む「氷のワイン」
Cantine San Marzano soc.Coop.agr.Arl
リピート&まとめ買いの定番!
happywine.com outlet
ご自宅用にお買い得品を!
木箱 ワイン
インテリアにどうぞ!
ハッピーワイン
ルックスにも自信あり☆ジャケ買い
ハッピーワイン
もうコルクには戻れないっ!かも?
ハッピーワイン
売り切れ御免!ラストチャンス!

店主まーちゃんがゆく 世界ワイナリーリポート

ハッピーワイン インスタグラム

オロ・ワインズ ケンティア(白) (スペイン)

※商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。

日本の食文化になじむ!リアス・バイシャス爽やか白!

オロ・ワインズ
ケンティア(白)  2014

Oro Wines Kentia

750ml  価格 2100円 (税込 2268円)

商品番号
WineES138
タイプ
ヴィンテージ
2014年
生産国
スペイン
生産地
リアス・バイシャス
生産者
オロ・ワインズ
保存
静かな冷暗所
配送
普通便発送です クール便をご希望はこちらから。

■味わい:辛口 ■アルコール度数:12% ■格付け:DOリアス・バイシャス
■ぶどう品種:アルバリーニョ


商品説明

最近スペイン産の白で目立つように思うのが、このリアス・バイシャス産のアルバリーニョ

素材の味そのものを楽しむ日本の食文化に合わせやすい味わいなのが、浸透しつつあるのではないかと推測しています。

今回、同時にアルバリーニョを2アイテム仕入れたのは、どちらにも甲乙つけ難い魅力があるから。

「ケンティア=KENTIA」とは、ラベルに描かれているヤシの一種。
写真では少し判りにくいかもしれませんが、絵がエンボスになっています。
list_spanish キャップシール自体にも葉の印刷があって、透明瓶からも涼しげな雰囲気が漂います。ルックスも魅力あるアイテム。
少しグリーンがかった淡い黄色。
香りはフルーティーで、黄色い皮の柑橘果実のような爽やかな香りと、メロンや洋梨、桃などの柔らかな果肉の甘い果実香が混在。

味わいは、糖度の高いグレープフルーツを思わせる果実味が主体。
果実味と爽やかで綺麗な酸味のバランスが整っています。
清涼感あふれる、クリーンでシャープなイメージの中に、ミネラル豊富な栽培土壌の影響による軽いミネラル感やかすかにハーブのようなニュアンスも。

海のワインらしく、魚介との相性は絶対的!

カルパッチョやお寿司などの生食はもちろん、魚介バーベキューにも超オススメ!
イカ焼きや貝焼き、レモンを絞るかわりにこのワインを是非合わせてみて下さい。ふだんの晩酌に、焼き魚にもどうぞ。

ワイワイ楽しむ夏の楽しいシーンに、しっかり冷やして1本ご用意下さい。

=====【輸入元資料より】

オロ・ワインズとは、ボデガス・アタラヤ(アルマンサ)ボデガス・アテカ(カラタユー)ボデガス・トリデンテ(カスティーリャ・イ・レオン)オノロ・ベラ(カラタユー/ルエダ)など、9つのワイナリーやブランド・プロジェクトを統合するヒル・ファミリーの販売拠点であり、またブランドとしてこのケンティアとコモロコを展開しています。

売り手としては大企業のような顔を持ち、造り手としては小さなワイナリーの集まりとして、良いワインを造っています。

コストパフォーマンスの高いワインを造りたい、消費者に美味しいワインをリーズナブルに届けたいと思っています。そのため、それぞれのワイナリーはD.O.も醸造責任者も違いますが、その営業活動から運営のコンセプトに至るまで、まるで一つの会社のように成り立っています※。

新しくワイナリーを設立する際の場所を選ぶ基準は「土着品種があること」「古い樹齢であること」「マイナーなアペラシオンであること」。

代表のミゲル・ヒルはセラー全体の設計も行なっており「簡単で効率の良い作業」「働きやすい環境」「コストを抑えること」を念頭に入れて、全ワイナリーで、建物全体を温度コントロール出来、さらに部屋単位で冷房・暖房を入れ替えられるようになっています。

ブレンドは必ず5名で行ないます。誰か体調が悪い人がいても、全体で良い判断ができる人数です。どのワイナリーでも特定の区画のものをトップキュヴェに使うといったことを予め決めておくことはせず、必ずテイスティングして決めます。=====

(文章:佐野 雅子)



 

HAPPY WINEへ

↑Page Top