ハッピーワイン
厳選お薦め10本です!
ワイン 詳細検索
happywine.com ワイン検索
生産国:
happywine.com
ブドウの品種:
happywine.com
ワインの種類:
happywine.com
味わい:
happywine.com
在庫状況:
happywine.com
価格帯: 円から
(税抜み) 円まで
happywine.com
キーワード:
happywine.com
 例:「スクリュー 泡 ロゼ」など

 

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB

お電話、FAXでのご注文

お電話での御注文

フリーダイヤル:0120-464-135

業者様用:072-840-2920

月〜金曜日 10:00〜17:30

FAXでの御注文

FAX:072-890-2233

注文用紙はこちらから

ハッピーワイン
最近の入荷品 要チェック!
ジュース ソフトドリンク
大人も子供もみんなで楽しめます!
Tenuta di Trinoro Magnacosta
送料無料でお届け!
キウイエステイト キウイフルーツワイン
サンテロ ディアマ ルクス2 エクストラ・ドライ ミレジマート 13(白・泡) Santero F.lli & C. S.p.a. Diama Lux2 Extra Dry Millesimato
お祝いにピッタリ!華やか泡!
デクスハイマー家 ハイマースハイマー ゾンネンベルク ショイレーべ・アイスヴァイン 12(白)【Weingut Dexheimer Scherebe】
厳冬が育む「氷のワイン」
Cantine San Marzano soc.Coop.agr.Arl
リピート&まとめ買いの定番!
happywine.com outlet
ご自宅用にお買い得品を!
木箱 ワイン
インテリアにどうぞ!
ハッピーワイン
ルックスにも自信あり☆ジャケ買い
ハッピーワイン
もうコルクには戻れないっ!かも?
ハッピーワイン
売り切れ御免!ラストチャンス!

店主まーちゃんがゆく 世界ワイナリーリポート

ヴィニエティ・デル・ヴルトゥーレ アリアーニコ・デル・ヴルトゥーレ ピポリ(赤) (イタリア)

※商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。

がっつり系メニューに!フルーティーな南イタリア赤!

ヴィニエティ・デル・ヴルトゥーレ
アリアーニコ・デル・ヴルトゥーレ
ピポリ(赤) 2014/2015

Vigneti del Vulture Aglianico del Vulture Pipoli

750ml  価格 1476円 (税込 1594円)

商品番号
WineIR115
タイプ
ヴィンテージ
2014/2015年
生産国
イタリア
生産地
バジリカータ州(イタリア南部)
生産者
ヴィニエティ・デル・ヴルトゥーレ
保存
静かな冷暗所
配送
普通便発送です クール便をご希望はこちらから。

■味わい:ミディアム〜フルボディ ■アルコール度数:13% ■格付け:DOC
■ぶどう品種:アリアーニコ


商品説明





2014年VTが完売次第2015年VTでお届けします。ご了承下さい。

2009年VTからの取り扱いがあるロング・セラーの1本。

2010年ヴィンテージが雑誌「一個人」の「1500円以下のイタリア・ワイン・グランプリ」で2位を獲得し人気が出ましたが、ヴィンテージが変わっても安定した品質
コスパの高さが人気のワインです!

ちなみに、「一個人」掲載時に1位だったワインも当時取り扱っていましたが、店主まーちゃんはこのピポリのほうが好きで、その後の商品入れ替えの荒波をくぐってきたのもピポリでした。

んもうっ、んまいっ!
我が家では鉄板焼きに合わせましたが、焼肉のタレの甘くてスパイシーな感じにピッタリでした!鉄板焼き、BBQのようながっつり系メニューに自信を持ってお薦めします!

ピアーノ・デル・チェッロのとろ〜り濃厚な味わいが多くのお客様のハートを掴んだのがこの造り手ヴィニエティ・デル・ヴルトゥーレ
秋冬ワインとも言うべきピアーノ・デル・チェッロに対し、春夏にもにお薦めしたいのがこちらのピポリ!

どちらも果実味が凝縮した美味しさは共通ながら、ピポリしっかりしたボディを持ちながら春夏にも楽しめる絶妙なミディアム〜フルボディです!

=====【輸入元資料より】

人気ワイン、エディツィオーネカサーレ・ヴェッキオの生産者ファルネーゼが出資するワイナリー(農協)。広大な畑のうち170haを選んでヴィニエティ・デル・ヴルトゥーレのワインを造っています。

ヴルトゥーレとはこの地域にある休火山の名前で、火山があるということがワインに独自の要素をもたらしています。

畑は火山灰土壌で標高500m以上の冷涼な地域にあります。アリアーニコは晩熟ですが、成長過程では涼しい気候を好むため、適しています。朝の気温は8度位で、標高900mの場所では雪が降ることもあります。ワイナリー自体も標高600mにあります。

葡萄樹は平均樹齢60年で、中には80年のものもあります。

樹が古いので収穫量はあまり多くなく、またグリーンハーヴェスト(高品質な葡萄を得るため、早い時期に葡萄の房を間引く)も行っています。除草剤、肥料は不使用

2015年6月までエノロゴを務めたデニス・ヴェルデッキアは、ここに来るまではアリアーニコの醸造をしたことはありませんでしたが、皮の薄さと実際に食べてみて、ピノ・ノワールと同じようにやってみようと思いました。ニュージーランドにいた時に学んだピノ・ノワールの醸造知識と経験が役立ちました。例えば、皮が薄いためポンプを使うと攻撃的なタンニンが出てしまうので、ピノ・ノワールと同じようにポンプを使わないといった具合です。

その後、カステル・デル・モンテ近くの著名な生産者で10年間働いていたマッシモ・ディ・バリがエノロゴとなりました。
毎年フランスの樽メーカーを訪問し、一番良い木材を選び、樽の焼き具合も自分たちで決めています。また、樹齢の古い板の方がより豊かなテクスチャをもたらすので、出来るだけ樹齢の古い木の板を使うようにしています。

セラーの2階にはラボが併設されており、資格を持ったスタッフが検査や分析を行っています。

町のある丘にある500年前の雪の貯蔵用の洞窟を利用した樽熟成用セラー(季節を問わず16〜18度程度)を2011年から使用。
2014年4月から最新式の瓶詰ラインが稼働中。=====



(文章:佐野 雅子)



 

HAPPY WINEへ

あわせて買いたい

↑Page Top