南フランスワインレポート
店主まーちゃんがゆく・・1


●2002年8月26日(月) フランスに出発

エール・フランスで暑い関西空港を飛び立った飛行機は13時間でパリ シャルル・ド・ゴール空港に着陸。長旅ですが、今回は飛行機の中でぐっすりと眠れたせいか長さを感じず、元気いっぱい。だんなも暇つぶしをたくさん持込んでいたのであまりしんどさは感じていないようです。パリの気温は18度。大阪の気温の約半分!

地下鉄を乗り継ぎ、今日のホテルを取っているバスティーユへ。ちょっと一休みして晩ご飯を食べに出かけました。場所柄か通りは人も多くにぎやかなのですが、行けども行けどもフレンチレストランがありません。あるのはイタリアンやピザの店、コリアンバーベキューの店、和食、スペイン料理・・。一体ここはどこやねんっ?とつっこみを入れてしまうほどフレンチがないのです。仕方なくイタリアンの店に入りましたが、料理が出てくるまで40分かかった上に、御世辞にもおいしいとは言い難く、フランス到着1日目の洗礼を受けました・・。まあ、日本にも若者が集まる町に上品な和食の店はないので、こんなもんかもしれません・・。   

●8月27日(火)
ローヌ川 翌日は道路清掃車の音で目が覚めました。フランスではパリに限らず道路清掃車が来るのですが、フランス中でこれをやめてみんながゴミを捨てないようにすれば、かなりの省エネと温暖化防止になるのにと思いました。フランスの喫煙マナーの悪さは日本以上。タバコを持った手で身振り手振り話すので、歩行中にやけどさせられそうになったこともありました。

←後ろはローヌ川

さて、今日はフランスの新幹線TGVに乗ってアヴィニョンまで一気に南下。車窓からは、延々と牧草地が見えて白い牛が草を食べたり寝そべったりしていてのどかな光景が見えます。そしてところどころ花の終わったひまわりの畑も見えます。咲いている時期だったらどんなにきれいでしょうか?TGVの移動で楽しみだったことが、食堂車で風景を見ながら食事をすることでした。昨年のドイツ視察の時にも食堂車を満喫したので、今日も!と思いきや、なんとTGVには売店しかなかったんです。くすん。(ちゃんと乗る前に駅員にも聞いたのに・・。私が思う食堂車と、彼が思う食堂車には大きな隔たりがあったのね・・)仕方なく、「レンジでチン」みたいなグラタンもどきを食べました。でもこれが結構いけたってところがおちです・・。

TGVは約3時間でアヴィニョンへ。今回ワイナリーを案内してくれるのは、「イオス」の輸入元 山信商事の上田さん。半年前からフランス駐在員として何とジュヴレ・シャンベルタン村に住んでいらっしゃいます。村初の登録日本人居住者だそうで、「昨日の晩ごはんの材料で何を買ったか」ということが、翌朝には村中に知れ渡っている(笑)という有名人です。その上田さんとアヴィニョンの駅で待ちあわせました。

  

  スーパーのワイン棚
大手スーパーのワイン売り場。ほとんどがネゴシアンものですが、とにかく量が多い!延々とフランスワインが続き、外国産ワインはエンドの方にまとめてこじんまりと置いてありました。


城壁
アヴィニョンの城壁。旧市街は全てこの壁に取り囲まれています。

ワイナリー全景 ●シャトー・シニャック

ホテルに荷物を置いてちょっと休憩してから、まず1件目のワイナリーへ。車はアヴィニョンの城壁の横を通り、幹線道路にでました。左手にはローヌ川がゆったり流れています。その上を途中で切れているサン・ベネゼ橋(アヴィヨンの橋で 踊ろよ踊ろよ の歌の橋です)が見えます。

アヴィヨンから出ると、もう道路脇は延々と緑の葡萄畑が続きます。20分ほどでシャトー・ヌフ・デュ・パプ村を通過します。この村の名前は「法皇の新しい城」という意味。14世紀にローマ法王がこの村に居城を建て、まわりにワイン造りのために葡萄を植えたのが産地のはじまりです。山の上には、今は廃虚となった城の一部が見えます。その村からさらに走ったところにそのワイナリーはありました。

まずは畑の中に車を止めて、オーナーのピエールさんにご挨拶。ピエールさんはアメリカに住んでいたことがあるそうで、とても流ちょうな英語を話されます。畑は道を挟んで右と左ではかなり様子が違います。左側は背が低く、ぼさぼさの畑。右側はきれいに手入れされています。左側の方は、樹齢80年を越える古木の畑なのです。良く樹を見てみると、右側はまだひょっろっとした直径3〜5センチほどの樹が立ち並んでいるのですが、古木のほうは、ぐにゃぐにゃとねじ曲がり、こぶのようになっています。葡萄も右側は粒の揃った大きくてきれいな房が付いていますが、左側は粒も不ぞろいな上、少ししか房がついていません。ピエールさんによると、このシーズン限りでこの古木の畑は植え替えるそうです。今年の葡萄は、テーブルワイン用に回すとのこと。そう教えられると、役目を終えつつあるぼさぼさの葡萄樹たちはのんびりとくつろいでいるようにも見えます。この畑はすでに4年前から化学肥料を使用していないため、来年植えた葡萄はあと1年で有機栽培を名乗る資格ができるとのことです。(フランスでは5年以上化学肥料未使用でないと、有機と認められません。)畑は少しぬかるんでいました。2日前までかなりの雨が降っていたそうです。「雨の影響はないのですか?」と聞くと、「あと2〜3日もミストラルが吹けば大丈夫」というお答え。ミストラルというのは、このあたりを吹く強い風のことで、年間120日ほども吹くのです。そういえば、風が強いなあ、と思っていたのですが、「この日の風は大したことなかった」ことが後日わかるとは、このときの私は知らなかったのでした。

ピエールさん もう一度車に乗り込み、今度はワインセラーへ。体育館かと思うほどの、天井が高く広いセラーには、ワインが入った箱がうずたかく詰まれていました。AOCコート・デュ・ローヌの赤を、2001年、2000年と試してみると、基本的な味は似ているのですが、やはり2000年の方は落ち着いた味がしました。「テラ・アマタ」というワインは、この蔵の最上の畑からのワインです。 「愛されし土地」という意味のこの畑は、丘と丘に挟まれた南向きの谷になっていることでミクロクリマ(微小気候と訳されます。僅かな地形の変化による気候の違い)が生まれ、最上級の葡萄が出来るとのこと。確かに、濃い色調、がっしりとした骨組みと果実味の密さが感じられます。まだ若いため、舌にタンニンが降り積もったような荒さもありますが、数年後には素晴らしいワインになるでしょう。最後に、セラーの外で97年の「テラ・アマタ」を試しました。このワインが5年ものとは思えないほどの古酒の風味を醸し出していて、何とも不思議な感じでした。ピエールさんは、「このワインは吐き出せないね」と言って、全部飲んでいました。途中で、「スーパーマリオをいかつくしたようなおじさん」が日焼けした顔をほころばせながらやってきました。毛むくじゃらの太くて短い腕にはなんやら入れ墨が入っています。「うちのセラーマスターだよ」と紹介されたのには驚きました。だってワインを造っているより、漁船で網をひっぱってるほうがしっくりきそうな方だったからです・・。

さて、そろそろ夕方が近づきつつある頃(でももう20時近く)、今日の晩ご飯を食べるのにお薦めのレストランまで道案内してもらいピエールさんにお別れしました。
場所はシャトー・ヌフ・デュ・パプの山中の立派なレストラン。期待が大きかった分、けっこうヤラレました・・。昔ながらのフレンチとでもいうか、ほんとにソースも盛りつけも一品一品凝っているんですが、あまりに味が濃く、正直言って我々日本人の口には合いませんでした。でも、ワインリストはさすがにすごく、シャトー・ヌフ・デュ・パプが延々と続き、そのうち白に1ページを割いていました。(シャトー・ヌフ・デュ・パプの白はわずかしか生産がありません)。


次のページへ続く

 
古樹の畑
こちらが古樹の畑です。ぼうぼうです。
古樹 古樹は芸術的とも言える幹です。

若樹の畑
こちらが若樹の畑 きちんと行儀良く植わっています。奥の山は、このあたりで良くみられる石灰質の岩山。南アフリカのテーブルマウンテンのようですね。


古樹の実
古樹の実です。下の若樹の実と大きさを比べてみて下さい。


若樹の実
こちらが若樹の実。大きくて、実がはち切れそうにきれいになっています。





戻る
[an error occurred while processing this directive]