カリフォルニアワインレポート

ナパ ソノマを、店主まーちゃんがゆく・・


●久しぶりのアメリカに到着!

2000年6月30日から、ナパ・ソノマへワイナリー見学に行って参りました。

アメリカは約9年ぶり。私は大学生の時、交換留学で1年間アメリカ(ニューヨーク州)にいたのですが、ナパ行きのバスから見るだけでも、その当時の不景気なアメリカとは違うイメージ。ハイウェイを走っている車を見るだけで、アメリカの景気の良さが判りました。(ベンツ・BMW・ジャガーなどの高級ヨーロッパ車が多い!)

ハイウェイは、7月4日の独立記念日の休暇で渋滞し、3時間以上かかってやっとナパに到着です。バス乗り場では、当店のカリフォルニアワインの輸入元である、カリフォルニアワイントレーディング社の山口社長に迎えて頂きました。いよいよ明日、明後日とワイナリー見学です!


●サン・スーペリー

ナパ・ヴァレー翌日、山口社長の運転する車で、ハイウェイを北上。左右遠くには低い山々が連なり、その麓、中腹くらいまで見渡すかぎりの葡萄畑。写真で見るより、ずっと広大に感じます。ナパ・ヴァレーという名前からもっと険しい山を想像していましたが、見た感じは山と丘の中間といったところ。

まずはサン・スーペリーへ。

大きなマグノリアの木が涼しい木陰を作るそばに、学校かコミュニティセンターかと思うほどの立派な建物。テイスティングルームはワインの他にもオリーブオイルやパスタソースなどの食品が奇麗に並べられています。当店でもおなじみの「ソーヴィニヨン・ブラン」をはじめ数種類のワインを味見してみました。

今回の旅行は、大学時代の友人も一緒でした。彼女はあまりお酒が強くないので、飲み込まずに味だけみるプロのテイスティングの仕方が丁度良かったようで、「やっぱり飲み比べると、同じ赤でも味が違うのが私にも判るわ!」と楽しんでいました。テイスティングコーナーのスタッフは感じが良く、「直接お客様と話をするのも楽しいけど、私達のワインを売っている人と出会うのもとても嬉しい」と言ってくれました。



●ニーバム・コッポラ

ニーバム・コッポラのテイスティングルーム次なるワイナリーは、ニーバム・コッポラ。さすがに人気ワイナリーだけあって、前庭には奇麗な葡萄棚やガラスのオブジェのある噴水など、ビジュアル的にも素敵。時間帯もあり、ぼちぼち観光客が出初めてきています。

ここのテイスティングルームはお土産物の種類も多く、ワインに興味がなくても充分楽しめそう。スタッフの中には日本人の男性もいました。彼によると、日本人にも人気が高いワイナリーとのことで、毎日日本人のお客様が来られるそう。「日本でニーバム・コッポラのワインを買える店を教えて欲しい」と良く言われるそうなので、私の名刺を10枚ほど置いてきました。(営業、営業、また営業)

コッポラの最高峰「ルビコン」の試飲はグラス25ドルですが、社長の顔で無料に!ラッキー!でも、タンニンが豊富なルビコンは、やっぱりお料理がないと厳しいですね。ステーキ食べたい!と思ってしまいました。全部飲みたいところでしたが、そのあとのスケジュールもあったので、後ろ髪引かれながら次のワイナリーへ・・。


●フロッグス・リープ

着いたのは、ハイウェイから少し入った所にある、フロッグス・リープ。

当店では秋ごろから取り扱い予定です。カエルがぴょーんと飛んでいるラベルは、見たことがある人もいらっしゃるでしょう。私達が着いた時、丁度オーナーのウィリアムズ氏も車で到着。ヒゲと優しい笑顔が印象に残ります。

「今から野球に行くから、好きに見ていってね」とのこと。そう、この日は土曜日だったんです。だから、どのワイナリーも、実際スタッフが働いているのはテイステ ィングルームだけ。ちょっと残念・・。

しかし、それにしてもこのワイナリーは美しすぎる!!花々が咲き乱れ(紫陽花とコスモスが一緒に咲いている!)自家消費用の野菜や果物が、葡萄同様有機栽培で育てられています。小さな池には睡蓮が浮かび、金魚が泳いでいます。木にはみたこともない赤い野鳥が止まりきれいな声でさえずっています。四方を葡萄畑に囲まれ、低い山が見える・・。空は澄み渡り、風はさわやか・・。まさに桃源郷とはこのこと!年を取って引退したら、こんな所に住みたいと心から思いました。


次のページへ続く


写真1

この写真はアルカトラズ島から撮ったサンフランシスコの町並み。ナパへはサンフランシスコ国際空港からバスが出ています。また、サンフランシスコから日帰りのツアーもあります。


写真2

サンスーペリーのテイスティングルームは、明るくスタイリッシュ。ワインのラベルにもなっている「聖人」のポスターが飾られています。


写真3


フランシス・コッポラ監督の所有する、ニーバム・コッポラ。芝生が植えられた前庭は広くて、ピクニックしたくなるような雰囲気。


写真4

これが、フロッグス・リープのシンボルのかえる。青い空に飛んで行ってしまいそうです。フロッグス・リープの最初のワイナリーがあった場所は、昔、かえるの養殖場だったんです。(現在は移転しました。)


写真5

こちらが、ジョン・ウィリアムズ氏。見るからに、おおらかで優しそうな人でしょう?。

戻る
Copyright 1996 kurabisyu inc.